先輩の声

医和生会には今日も輝き続ける職員が溢れております。

医和生会の仲間となり、これからますます輝きだす医和生会先輩職員より、未来の仲間へエールをお送りいたします。

ここに登場する先輩たちも、皆様と同じく来たいと不安が入り混じりながら私たちの輪の中へ飛び込んでまいりました。

いまでは立派な医和生会職員です。

是非皆様も私たちの笑顔の輪の中へ飛び込んできてください!

ご利用者様にデイサービス施設での最適な過ごし方を提案!

菅野 翔平
2016年1月
29歳
いわき短期大学
幼児教育科
介護保険部 やがわせデイサービス
生活相談員 サブリーダー

現在の仕事内容について教えてください。

高齢者の通所介護(デイサービス)施設で、利用者の要望に合わせて一日楽しく通ってもらえるプランを考えています。
具体的に、ご利用者様の施設での過ごし方を提案する計画書をつくります。
ご利用者様とそのご家族様のニーズは、リハビリテーション、入浴などさまざま。
ここの施設では約90人が利用していますが、その一人一人それぞれが満足できるサービスを考案します。
さらに、施設内でのご利用者様の様子を、そのご家族様と担当の介護支援専門員様に毎月報告。
ご利用者様とお話をしたり、現場のスタッフと情報交換し、ご利用者様の細かい変化を把握しています。
施設内でスタッフが慌ただしい時は、ご利用者様に忙しい雰囲気を感じさせないように場を和ませることにも気を配ります。

この会社だからできる仕事とは?

医療と介護が連携した地域密着のサービスを提供できる環境で仕事ができます。
実際に、ここの施設は病院が併設されて、医療と介護の連携が密です。
さらに、医和生会では、高齢者家族やご利用者様向けの介護教室、講座などを開催して、地域に向けた情報発信もしています。
わたしがここを志望した理由は、その地域連携の積極的な姿勢が魅力的に思えたからです。
デイサービス施設の職員として、医療と介護の連携と地域をつなぐ一員になれて、とてもうれしく思っています。

今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていることは?

ご利用者様とご家族様に自分の名前を覚えてもらえた時は、信頼されていると実感でき、仕事の中で印象に残る瞬間です。
わたしの仕事はご利用者様ご家族から要望を受ける窓口でもあるので、名前を覚えてもらえた時は、自分の仕事の責任を果たせて「頼られているなあ」と充実感がわきます。
さらに、ご利用者様からお礼を言われた時も印象的で、モチベーションにつながります。
話すことが困難な男性のご利用者様にひげ剃りのお手伝いをした後、そのご利用者様が手で「ありがとう」の合図をしてくれた、そのようなささいな瞬間もうれしい気持ちになります。
学生時代から人と接する仕事に興味があったので、そのような触れ合いの場面に出会えると印象に残ります。

応募者の皆様へ向けて一言メッセージ!

当法人は医療や介護を提供するだけではなく、地域に向けて技術や知識を発信できる環境です。
医療、介護だけでなく地域連携にも興味のある方、ぜひ、一緒に働きましょう!

ご利用者様が心許せる、もう一つの家を目指して

佐藤 梢
2016年入社
25歳
東日本国際大学
福祉環境学部 社会福祉学科
ショートステイ
生活相談員兼介護職

現在の仕事内容について教えてください。

私は、新入社員研修後、ショートステイに配属となりました。
ショートステイには、生活相談員、看護職、介護職が配属されており、その中の介護職を担っています。
ご利用者さまの食事、排せつ、入浴などの介助、ショートステイの場所で和やかに生活していただくためのコミュニケーション活動のほか、夜間も不安を与えないよう巡視や排せつ介助を行う夜勤業務をしています。
住み慣れたご自宅と同じように、昼も夜も気兼ねなくのびのびと生活ができる第二の我が家となれるように、というコンセプトを持ち生活のお手伝いをしています。

この会社だからできる仕事とは?

新入社員研修が充実しています。
約二ヶ月間で医和生会の理念や活動を学習する座学、医和生会で運営している3カ所の介護現場での実践体験ができます。
配属された現在のショートステイも、約4週間の研修期間があり、すぐに介護に携わるのではなく、先輩スタッフから業務の流れや介護のノウハウを教えていただき、ステップを踏んで仕事を覚えることができました。
大学生活では、座学ばかりで介護実践をした事がなかったのですが、段階を踏んで業務を学ぶ事ができたからこそ、ご利用者様にも不安感を与えることなく介護を行う事ができました。
定期的な面談もあり、どんなに小さな業務に対する不安や悩み、疑問点でも聞き入れてもらえる環境です。

今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていることは?

ご利用者様に「あなたがいるからまたここに来たかった」と言っていただけたことがとても印象に残っています。
ショートステイは、日によってご利用者様が違います。
ご利用者様にとっては、自宅とは違う分からない事ばかりの場所に来た不安感や、人に気を遣う疲労感があります。
私は、ご利用者様が抱くマイナスの感情を少しでも緩和したいと思い、一人一人の好きなことや得意なことを覚え、笑顔を心がけて接していました。
だからこそ、ご利用者様が心身ともに安心してくださり、「また来たい」と思っていただけた時は、とてもうれしかったです。
そして、ご利用者様からいただけたその一言が、現在の私のやりがいにつながっています。

応募者の皆様へ向けて一言メッセージ!

仕事は、自分の知らない事を学ぶ楽しさや新しい事の発見であふれています。
自分が何をしたいのか、将来こうなりたいと思う姿を大切にして頑張ってください。

ご利用者様に寄り添う相談員を目指しています!

小野 晴香
2015年入社
26歳
埼玉県立大学
保健医療福祉学部 社会福祉学科
きらくデイサービス
生活相談員

現在の仕事内容について教えてください。

認知症対応型デイサービスで、ご利用者様の特性に配慮した介助、サービス、家庭的な環境提供に努めています。
食事、排せつ、入浴、レクリエーション業、日常生活においての介助が主です。お話を傾聴し、コミュニケーションを図る事、ご利用者様にとって何が必要かを「知る」事が重要であると日々感じます。
相談員としての業務は駆け出しですが、介護職を兼務することで、ご利用者様の現状を把握し、連絡調整業務に反映できるよう努めています。

この会社だからできる仕事とは?

就職活動では、法人の掲げる「保健・医療・福祉の連携」という理念に共感し、志望しました。
法人には医療サービスのみならず、介護サービスを提供するにあたって、居宅サービス、地域密着型サービスなど様々な選択が可能です。
住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、各分野がそれぞれの強みを活かし、連携・協働する環境が、この法人ならではの魅力の一つだと思います。

今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていることは?

「一番」という瞬間は決めかねてしまいますが、日々の積み重ねの中で、何気ない会話で利用者様が笑顔になってくださる時や、「ありがとう」と労いの声を掛けてくださった時に、特に喜びを感じます。
自身の失敗で落ち込む時や利用者様への対応に悩む時、人生の先輩として癒し支えて下さるのもまた、ご利用者様であることを実感した瞬間は印象的でした。

応募者の皆様へ向けて一言メッセージ!

自分の大切にしたいもの、芯となるものは何か、どうありたいか、悩みは尽きないかと思いますが、少しでも最良に近い選択ができるよう、無理せず頑張ってください。

「生活再建」健康を取り戻し、いきいきとした生活をサポート。

菅波 成年
2014年入社
35歳
仙台医療技術専門学校
理学療法科
通所リハビリテーション
理学療法士・科長

現在の仕事内容について教えてください。

私たちは、ご利用者様一人一人の想いを、リハビリを通してサポートしていくことを意識して仕事をしています。
通所リハビリテーションはデイケアとも呼ばれ、ご利用者様ができる限りご自宅で自立した日常生活を送ることができるように、食事や入浴など日常生活の支援に加え、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上訓練などを日帰り、送迎付きで提供しているところです。
医和生会の通所リハビリテーションは、3時間の提供で、食事や入浴の支援はありませんが、リハビリや日常生活に根ざした支援に特化したプログラムを提供しております。

この会社だからできる仕事とは?

入社してもうすぐ4年目になります。
医和生会ではスタッフ、部署間の連携が強く、お互いに助け合いながら仕事をさせてもらっていると日々感じております。
また、仕事上、必要な研修会への参加・資格取得についての支援制度が充実しており、働きながら自分自身のスキルアップができる職場です。

今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていることは?

これまで仕事をしていく中で「リハビリをして今までできなかったことが、家でもできるようになった」「あの時の言葉や関わりが今でも励みになっている」とのお言葉をいただくことがありました。
自分が関わった、わずかな時間がご利用者様の生活や人生に影響を与えているという事の責任とやりがいを感じています。

応募者の皆様へ向けて一言メッセージ!

ご利用者様に、住み慣れた地域、在宅で「その人らしく」過ごせるために、どんな支援が必要かを一緒に考えてくれる方をお待ちしております。

住み慣れたご自宅で安心して過ごせるように

小林 悟
2013年入社
33歳
仙台医療福祉専門学校
介護福祉科
居宅介護支援事業所
介護支援専門員(ケアマネージャー)科長

現在の仕事内容について教えてください。

居宅介護支援事業所で、高齢になり歩けなくなってしまった方など、介護が必要になったご利用者様のお手伝いをしています。
そういった方々を支える制度として介護保険があります。
私は介護支援専門員(ケアマネージャー)として、介護保険の申請から利用方法、住み慣れたご自宅での安心した生活を送る事ができるように介護保険の専門家としてお手伝いさせていただきます。

この会社だからできる仕事とは?

介護支援専門員はご利用者様、ご家族様、介護保険事業所様と接しますが、一人で行動することも多い職業です。
当法人の居宅介護支援事業所では、雰囲気がよく、困ったことがあれば仲間同士気兼ねなく相談しながら対応できることです。
一人で悩んでいるとうまくいかない事、気付かなかったことなどでも、力を合わせて連携を取りながら問題解決につなげやすい環境です。

今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていることは?

高齢になると、足の筋力が弱くなり転びやすくなる方が多くなります。
仕事の中で一番印象に残っていることは、ご家族から介護相談を受けて訪問すると、数年間自宅で入浴できていない方がいました。
ご本人、ご家族ともに入浴したいとのことなので、すぐに訪問入浴サービスを導入すると、数年ぶりに入浴していただき、ご本人とご家族にとても喜んでいただけたことです。

応募者の皆様へ向けて一言メッセージ!

医和生会ではとても明るく優しい仲間が待っています。
お年寄りと楽しくお話がしたい、何か手助けしてあげたいなど、意欲がある方と一緒に働けることをお待ちしています。

毎日の業務が自分にとって”勉強”です。

下遠野 絵里
2014年入社
27歳
いわき明星大学
人文学部 現代社会学科
きらくデイサービス
生活相談員

現在の仕事内容について教えてください。

介護職として、入浴、食事介助、リハビリ・体操といった利用者様のお世話をしています。
さらに、生活相談員として、契約・担当者会議、介護計画書の作成といった事務的作業を担当しています。

この会社だからできる仕事とは?

職場の方々が親切に仕事内容を教えてくれるため、未経験でも安心して業務に臨めるところです。

今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていることは?

入社して半年経ったころ、入浴介助を行っている時、ご利用者様の洗髪をしていると、その方から「上手になったね」と言われ、とてもうれしかったことを覚えています。
福祉現場で働くことが初めてで、介護知識を必死で覚えている時だったので、失敗や反省が多く落ち込んでいた時に、この言葉をいただき、仕事に対しての意欲につながりました。

応募者の皆様へ向けて一言メッセージ!

介護の現場では、色々な人たちの力が必要です。
もちろん大変なことも多いですが、とてもやりがいがある仕事です。
みなさまのご応募お待ちしております!

© 2023 by The Amazing Smile, No animals were harmed in the making of this site.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now